2014年05月17日

心のベクトル

そろそろ総括でしょうか(笑)
しつこいですが、カーデイナルグランドクロス。
皆さまはいかがでしたか?

私は、一月以上も前に書きためておいた記事を見直してあげるだけだったのですが、
それも手に着かない状態ずっと続いておりました〜。

「ぜんぜ〜ん 関係なかったわ。」 とおっしゃる方! 
もうすでに酸いも甘いも噛み分けて、充分センタリングできているのでしょう。

私的には5月3、4日辺りから霧が晴れるようにすっきり感がありますが、
まだまだ引きずっているようです。

一時の何も手に着かない状態からは抜けましたが、
面倒くさい・・・からなかなか抜けられないです。


さて・・・なんとなく続いているような過去からの記事です。

今日のお題?心のベクトルとは、なんでしょうね〜以下は私のイメージですけれど・・・

ちょっと高いところから、あなたの人生を見たときの選択肢のようなものかな。
もしくは、もう少し生きやすくなるためのヒントのようなものかな。

今この人生でものすごく苦しんでいるとか、悩みがあって夜も眠れない・・・
わけではない。

あることが自分の人生を狂わせる・・・
ほどではないから、普通に仕事をして、生活している。

でも、どこか不全感があるとか、何かが気になっている・・・
それが無くなったらきっと楽になるはず、と思っている。

そう感じている方は、この世に沢山いらっしゃると思います。
もしかしたら視野が狭かったり、ひとつのことにとらわれていたりするのかもしれません。

ヒプノは、新しいことを始めようとする方の背中を押す事が得意です。
今の自分に一番影響を与えている過去生を訪れると、
その人生で出来なかったことを後悔している過去の自分に、出会う事があります。

自分がやっていることを不安に思っている場合には、それに対するヒントや、
過去世自分がやってきて、実は経験豊富だったことを見せてくれたりします。

これからどうするかはあなた次第、潜在意識はあなたに新しい見方や、
過去の事実を提示することはできますが、貴方の意思を変えることはできません。

それに、もし潜在意識が教えてくれている通りにあなたが動いたとしても、
うまくいく保証はありません。

それでは、そんなときにヒプノを受ける意味があるのでしょうか?

私は、潜在意識は『心のベクトル』の向きを変える、
または、方向を指し示す事ができると思います。

指し示してくれるベクトルの向きが、今まで向いていた方向より少しずれていたら?

そうした選択肢を指し示すことで、持っている視野をひろげるお手伝いをします。
それでも、そのベクトルの先を見据え、立ち止まって、
別の方向に歩き始めるのはご本人次第です。

そうした意味では直接未来に行くセッションもあります。
今向かっている方向から30°、時には90°も違う方向の先にあるものを、見に行くわけです。

またまた つづく・・・ 

5月は薔薇の季節です〜
DSC_1076 (480x640).jpg
ラベンダードリーム
DSC_0981 (640x480).jpg
つるバラ 真っ白で元気な新雪
DSC_1071 (640x480).jpg
つるばら ピエールドロンサ―ル

posted by Nae-ma at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

カーディナル グランド クロス

なんとなくここのところ調子が悪いと感じてる方はいらっしゃるでしょうか?

もし原因がわからなかったら、それは星の配置かもしれません。
カーディナル グランド クロス。

占星術は全然詳しくないのですが、4月の半ばから少しづつこの星の配置の情報が
入ってきてますので、ネットでは様々なサイトで説明されています。

グランドクロスとは、占星術で使われるホロスコープ上において、
惑星がきれいに十字状に位置することで、これは地球から天空を見上げたときに
、十字状に惑星が整列することを意味します。

グランドクロスは、あまり見かけない現象なので、
占星術上で重要な意味合いがあるとされています。

544eaf6f-s.png
4月23日のグランドクロス

社会現象では、大きな経済変動、国家間の争い、大きな事件や事故、
などが起こりやすいそうですが、個人的にも大きく作用します。

人生の方向性が変わったり、自分の価値感を揺さぶられたり、別れや出会いなど、
具体的には、離婚、結婚、会社人生での変化、病気や怪我や事故などが起こりやすいようです。

いかがでしょうか? なにか思い当たることがありますか?

22日、23日がクライマックスで、もう過ぎてしまいましたが、
この影響は5月下旬まで、いやいや当分続くとおっしゃる方も居て・・・

私などはモロに影響を受けてしまい、いまだオロオロしている状態です。

ただ、相当自分の価値感を揺すぶられるそうですので、何があってもこれを乗り越えて
新しいヴァージョンアップした自分になると信じて乗り切っていくこと。

古い物を削ぎ落として、自分の本流に戻る流れになれることを目指していきましょう。

全然揺すぶられない方もいらっしゃると思います。
人それぞれですね。

以下天下泰平さんのブログから一部引用させていただきました。

『4月は天体現象が盛んであり、つい先日の4月15日には「皆既月食」が起こりましたが、
月末の4月29日には「金環日食」もあります。

これらの現象は太陽と地球と月の位置によって
日食や月食として分かりやすく地球の人類も観察出来ますが、
こういった特殊な「惑星配列」というのは、何も月や太陽と地球だけに限らず、
人類の知らないうちに太陽系の他の惑星間でも常日頃から発生していることであり、
その中でも地球人にとって重要な意味を示す惑星配列として
「カーディナル・グランドクロス」という天体配置があります。

カーディナルとは「活動宮」という意味になり、
それは牡羊座、蟹座、天秤座、 山羊座の4つの星座を指します。

そして、カーディナル・グランドクロスとは
「牡羊座の天王星 」「蟹座の木星 」「天秤座の火星 」「山羊座に冥王星 」
の星がクロス(十字)に配列されることであり、これは地球から天空を見上げたときに、
それら4つの惑星が十字状に整列することを意味します。

占星術で使われるホロスコープ上において、惑星がきれいに十字状に位置する
「グランドクロス」は、普段はあまり起こらない稀な現象なので、
占星術上では重要な意味合いがあるとされていますが、
その中でも今回のカーディナル・グランドクロスは、
天王星、木星、火星、冥王星のすべてが「1度」以内で
アスペクト(天体同士の間の黄経差)して
完璧な正四角形の配列を形成するようで、
これは人類史上初のことで極めて稀な出来事のようです』

天下泰平 さんのブログ
posted by Nae-ma at 09:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

未来世療法

退行催眠療法の先駆者で精神科医である
ブライアン ワイス博士の『前世療法』は1996年出版(日本)です。

その後何冊か前世に関する本を出されています。

2006年には『未来世療法』という本が出版されています。
今はPHP出版から、文庫版が入手できるようです。

私は、ワイス博士の著作ではこの本が一番好きです。

博士の本には、前世に関しての情報と、体験例がたくさん載っています。
それらすべてが、とても興味深いものです。
この『未来世療法』にも、過去世退行のセッションがたくさん紹介されています。

この本の中でも、過去世退行を中心に展開していくのですが、
時折未来世療法を効果的に使われています。

彼の言う未来世に行くというのは、クライアントさんの今世よりももっと先、
100年後、300年後、500年後など、
もしかしたら、地球に転生していないかもしれないような先のことも多いです。

そこで今、自分の魂がどんな肉体に乗って、何を体験していくのか・・・
その可能性を垣間見ることができるようです。

日常生活を送っていくのに、怒りや恐怖など、
時折、訳も解らず取扱いに困難な感情を伴ったりした時、
一体何が浮上しているのでしょうか?

もし過去世に戻って行った時、今感じている怒りを、
前世でも延々と持ち続けていることに気がついたら、あなたはどうしますか?

もし今世の怒りを持ち続けて、そのままこの人生を終えてしまったら・・・
過去世から、やり続けている同じ対処の仕方しかできなかったら・・・

100年後の自分はどうしているでしょう。

そうして、未来世を訪ねてみれば、また同じことを繰り返しているかもしれないし、
もしかしたら、今よりもっとバランスが崩れている人生を送っているかもしれません。

では、今の感情や反応を分析して、困難でも違う方法を選んだとしたら・・・

明らかに、まったく違った未来世につながっていきます。

その別の未来世は、私たちの住む地球の姿にもリンクしている、
そうワイス博士は感じているようです。

もし何度も、同じ様な過去世を潜在意識が出してきたら・・・
いつも、同じ様なメッセージを受け取ったら・・・

どうかうんざりしないで、その意味をよく考えて見てください。

過去何回も繰り返して、癖になってしまっている考え方や生き方を変えることができたら、
実は知らない間に陥ってしまっている、
その無限ループから抜け出ることが出来るかもしれません。

そしたら、まったく予想しなかった未来世が現れるでしょう。
そして、あなた自身の今世での近未来もきっと大きく変化していると思います。

もし興味があったら、是非『未来世療法』読んでみてくださいね。books.jpg
posted by Nae-ma at 22:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

レジリエンス

4月17日の夜NHKのクローズアップ現代をみました(再放送は17日深夜)

題名は 『折れない心の育て方、 レジリエンスを知っていますか?』

『レジリエンス』

私は知りませんでした。
どうやら心理学用語のようですが、企業や高校の授業などでも取り上げられているようです。

それまで大きな挫折もなくやってきたけど、就職でいきなり見えない壁にぶち当たる。
社会に出たとたん、仕事で自分を否定されてしまう様な状況に追い込まれる。

そうした事柄以外にも、ふとしたきっかけで心が折れそうになってしまうことありませんか。
どんな簡単なことでも、自己否定感や、自己卑下の感情につながってしまうことがあります。

「レジリエンス・トレーニング」と呼ばれるものは、
臨床的にはうつ病や不安障害などを予防する効果があることで知られているようです。

今の時代のような、あらゆる面で厳しい状況にあっても、
元気に日々を乗り切るための一つの対処法として注目されています。

レジリエンス(復元力)とは、
「困難に打ち勝つ心の力」「挫折から回復・復元する弾力性」などと説明されています。

会社や教育の現場で、神経症的な疾病による損失が、
どんどん大きくなってきているのではないでしょうか。

どんな人にも、困難や挫折はやってきます。

ある日突然、または少しづつ心が折れそうになった時、
そこから立ち直っていく力、日頃から培っていくことができるそうです。
 
その為のテクニックや、トレーニングが色々と開発されています。

昨日の番組では、レジリエンスを高めるには、以下の方法が効果的だというお話でした。

●少量の食事を3時間おきにとり、ブドウ糖の数値を一定化する。
 血糖値のアップダウンが感情に影響を与えるのでしょう。 

●インターバルトレーニングを行う。
 体力の限界を乗り越える経験が良いそうです。
 これを実践した企業は、社員の8割にメンタルヘルスの改善が見られたといいます。

●目の前の成功に一喜一憂せず、自分にとって何が大切かを客観的に把握する。
 感情に振り回されないように、冷静になって観察することを訓練すること。

●自分が大切だと思っているものの為に、あきらめないで頑張る。
しかしそれ以外はあきらめることも大切 ← ここですね。
 執着しすぎないこと、違う道もあると視点を変える、または視野を広げること。

●愚痴を言ったり、悩みを共有したりする仲間(会社、家族、友人など)を作る。
 一人で頑張りすぎない。

最初の2つは、物理的に出来ることなので、挑戦してみるのも良いですね。

いずれにしろ、皆が心身ともに健康な社会を目指しながら、
幸福度の低い日本を生き抜くには、様々なテクニックも必要なようです。

posted by Nae-ma at 14:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

現代版竜退治?

さて・・・何となく続いているような・・・闇の話

相変わらず若い子達のあいだでは、ゲーム、ライトノベルズ(ファンタジー小説)、
アニメや漫画でのバーチャル体験がはやりのようです。

英雄もの、宇宙戦争やパラレルワールド、もののけ対決などで、
子供たちの世界は賑わっています。

戦って勝利を得るとしても、スポーツや競技、他の何かを極めるにしても、
一度は挫折を経験し、それがその後の成長の元になるようなストーリーが多いですね。

ちょっと古いですが、スターウォーズのルークスカイウォーカーは、
師ヨーダの星で自分の闇と対決するために、地下に入っていきます。

最近では、映画『ハリーポッター』でハリーが成長していく途中で、
いくつもの試練を乗り越えていきます。
自分の心を映し出す鏡と、対峙するシーンが印象的でした。

日本の昔話では、若者が、龍や鬼を退治するために一人で出かけていきます。

少年が困難を超えて、大人になっていく過程は、
古今東西、様々なファンタジー小説、映画などに描かれています。

現代では、龍を退治しに山奥に入っていくことはまずありません。

起こりうるのは、いじめや、怪我、病気、身近な人の死、
何かに失敗したり、諦めたりすることでしょうか。

現代では、そこを超えていく過程が、魂のイニシエーションになっているのだと思います。

ソチオリンピックでは、国民的人気のフィギュアスケート選手、
浅田真央ちゃんの復活劇にこころを打たれました。

高橋大輔選手の怪我、鈴木明子選手の摂食障害克服なども
大きく報道されましたね。

アスリート達は、怪我や様々な挫折を通り抜けて、精神的にも成長していくようです。

そうした挫折の経験も、一つの闇と捉えられると思います。

でも、最近の若者がバーチャルの世界で挫折を克服して成長しても、
本人が現実に通り過ぎていくわけではないから、
あくまでもバーチャルに過ぎないですよね。

それでも、解った気になってしまっている・・・ちょっと怖くないですか。

そんな若者たちが、ある日突然本当の闇に入った時に、ちゃんと出てこられるのかな?

そして彼らの若者の親の世代も関係してきます。

失敗しないように、準備をしておくのは良いのですが、
親が『転ばぬ先の杖』を用意しちゃう傾向もあるのではないですか?

『できるなら子供に苦労はさせたくない』 
『かわいそう』

親の立場としては、敢えて苦しい道を歩ませるのは、なかなかできません。
でも『心を鬼にして・・・』という言葉があります。

日本には、こういう言葉もあります。 

『可愛い子には旅をさせよ』
『若い頃の苦労は買ってでもせよ』
『獅子の子落とし』

その大きさ、深さは人によって違うのでしょうけれど、
大人になっていくまでに、超えていかなくてはいけない闇が、
一度はどんな子供にもやってくるのだと思います。

posted by Nae-ma at 22:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

河合隼雄さん

河合隼雄(1928-2007)さんは、元文化庁長官としてご存知の方も多いと思います。

スイスユング研究所で日本人として初めて、ユング派分析家の資格を取得。
その後、国際箱庭学会や日本臨床心理士会の設立等、
国内外におけるユング分析心理学の理解と実践に貢献されました。

日本のユング心理学の第一人者としてとても有名な方です。

臨床心理学者としての経験を、沢山の著作に述べられています。

対談集を始め、あまりにも沢山の著作があるのですが、
専門的なものから、対談集、エッセイ集など、読みやすい本もたくさんあります。

何か問題が起こって、人々は色々と手を尽くした後に、最後の手段という感じで、
河合さんの元にやってくるのですが、その内容は様々です。

引きこもりなど、子供の問題で相談に来ても、家族全体や、両親の関係性に問題があり、
親が自分自身に直面しなくてはいけないことが多いそうです。

自分が抱えている問題に、いつ気がつくのか、
そして逃げずに、それに直面していくことが出来るのか・・・

傷も、早いうちに手当しておけば、治りやすいですが、
ほおっておけば膿んだりして、痛みも増すし、時間もかかりますよね。

子供時代に起こりうる問題から、中年期にも大きな危機の可能性があり、
人は生きている限り、様々な心の危機に立ち向かっていく必要があるなあ〜と、
つくづく思います。

それを超えていくのは本当に大変だけれども、魂が用意した、
人間が成長していく一つのステップなのかもしれないです。

小説や映画の中でも、主人公が様々な試練を超えていく設定があります。

それらはとても象徴的ですが、進んでいく過程は現代人が通り抜けていくものと
ほとんど変わらないのではないかと思っています。

読みやすい代表的なエッセイ集です。
 『心の処方箋』
51RHB23HQML__SS400_.jpg
posted by Nae-ma at 20:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

近況報告

随分ご無沙汰してしまいましたm(_ _)m
久しぶりの記事が、ドラマのお話でしたね〜(笑)

2月に降った二回の大雪を超えて、春になりました。
日本国中、桜が満開です。

我が家のチューリップは、つぼみもほんのり色づいて来て、
庭のクリスマスローズは満開です。

私ごとですが、近況などをすこし・・・

雪は私自身にも、少し置き土産をしていきました。
その後雪かきの影響か、腰を痛め、思うところ有りゆっくりしていました。

ハイアーセルフ、インナードクターを始め、色々なタイミングでメッセージを
受け取ってきました。

『今はお休みの時。 少し整理して自分の内側を見ていきなさい。』

スプリングクリーニングの季節なので、これを機会に断捨離をしようと
意気込んでおりましたが、体が動かないのでは仕方がありません。

実はこの期間は 22日間のアバンダンスプログラムが終了して、
余韻の22日間が始まったところでした(計44日間でプログラム終了です)

今回のアバンダンスエンジェルは、騎龍観音さまのようなイメージでした。
o0220032711541773562.jpg

でも、何故か 名前は『ミッシェル』

そして モンサンミッシェルの映像が出てきました??
=大天使ミカエルですね
2446343150_8075e01321.jpg

そのミッシェルとの会話を少し・・・

『ミカエルでしょ、どうして女性なの。』

『私たちに女性も男性もありません。 
 都合が良い様にそう見せているだけ、本当は光です。
 エッセンスです。』

『すべては波動です。 
 口にする言葉、色も、音も、すべて波動です。
 人そのものが出している波動に惹かれて、周りの人が引き寄せられます。』

『過去の波動は腐っています。 
 古くて役に立ちません。 

 終わったことは、済んだこと。
 ありがとう と さようなら です。』

アバンダンスの22日間でうけとったメッサージを、
自分の中で温めていく時期でもありましたので、納得してお休みモードに入りました。

『その為に、食べるもの、身の回りのもの、整理整頓です。

 もし貴方が、よい波動を出したいと思うのなら、
 あなたについている醜い脂肪(過去、いらないもの、必要のないもの、毒になるもの)
 をとっていくこと。』

エンジェルにそう言われていたので、断捨離をする予定でしたが、
物理的にできなくなったので、方針を変えて内面を見ていく時期になりました。

物理的に風通しを良くしていくか、それとも精神的な内面を整えていくか。
どちらを先にやるのか? ということだったのでしょう。

そうして、こもりながら本を読んだり、書類の整理をしたりして、
春分までの期間、自分と向き合う時間を過ごすことになりました。

学生の頃に気になっていたユングを追いかけて、本棚の本を読み始めました。
箱庭療法を始めて日本に導入された、元文化庁長官の故河合隼雄さんの著作です。

私がそれらの著作に惹かれたのは、あるテーマを追っていたからです。

それはきっと、人生をある程度過ごしてきたからこそわかるもので、
学生の時には理解不可能だったのではないかと思います。

・・・つづく

しかし 身体に付いた醜い脂肪・・・う〜ん 耳が痛いですゥ・・・

posted by Nae-ma at 18:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

失恋ショコラティエ

気がつくと、もう4月。
あっという間に桜が満開です。
もう、桜は楽しまれたでしょうか?

春のたった一週間のソメイヨシノの季節を、毎年とても楽しみにしています。

こちらは3ヶ月という長いような、短いような期間でした。
『失恋ショコラティエ』
ずっと楽しみにしてきました。

とうとう終わってしまいました。
えっ 今頃?ちょっと遅いんじゃないの、と言われそうですね(笑)

見てらっしゃらなかった方、御免なさい。 
少しそのことについて書いてみようかなと思います。

実は録画しておいたものを、やっと見終わりました。
原作の漫画は読んでいませんでしたが、
ドラマの初回から、ワクワク、ドキドキしながら見ていたので、
楽しみが無くなって寂しいです。

常に空想と共に成長してきたような、主人公の爽太くんは、
高校の先輩の紗絵子さんと恋をしている、そんな妄想の世界に生きています。

チョコ好きの紗絵子さんに美味しいチョコを作り、自分に振り向いてもらう為に、
フランスで修行して帰国し、チョコ専門店のオーナーパティシエになります。

そして紗絵子さんと再会しましたが、
なんと、彼女はすでに人妻に・・・

妄想の世界で、創作意欲と元気をもらって生きてきた爽太くんは、
あるきっかけから、かなわぬはずの夢の世界が現実になってしまうのです。

そこから爽太くんの苦しみが始まります。

最後はタイトル通り、爽太くんは失恋します。

他の登場人物も、ほとんど失恋してしまうのですが、恋のやり取りや、
登場人物のつぶやき、女の友情やら、色々と興味深いシーンも多かったですね。

そして、最後に周りの女性陣皆から振られてしまった爽太くんは、
またフランスへ修行に行きます。 なかなか良い最終回でした。

『卒業』

これが、私なりのドラマの感想です。

爽太くんは、新作の創作意欲の元が、ただひたすら
『紗絵子さんの喜ぶ顔を見るためにチョコレートを作る』
という幻想であることを認めて、そこから目覚めていく事を決意する。

紗絵子さんは、家出して逃げてきた夫の子を身ごもっていることを知って、
いつかは目覚めなくてはいけない夢、から覚める決意をする。

二人共、一緒にいるときはまるで幻か、夢の世界の住人の様でしたが、
いつかその夢はさめる日がくると、どこかで解っていたんですね。

それでも、なかなか抜け出ることはできなかった。

現実に戻る決心をするきっかけは、幸せな家庭での未来の図だったのでしょうか。
そんな単純なものではないのでしょうが、
紗絵子さん、いろんな意味ですごい女子力?です。

爽太くんの、自分自身で様々なことに気づいていく心の動きが、
よく描かれていました。

ああ、爽太くんは、今まで見ないふりをしてきた
自分の闇に向き合うことにしたんだなと思いました。

それは一つ階段を登って、大人になっていく事でもあり、
何かを失っていくことでもあるのかなと思います。

ふたり共、そう言った意味では『闇』に向き合うことに決めて、
それを自分なりに消化していくのではないでしょうか?

実はいろんな意味でこの『闇』はすべての人のテーマであり、
私自身の大きなテーマでもあります。

大人になっていく、避けられないひとつのステップでもありながら、
本人にとっては、とても苦しくて辛い過程になることが多いのはないでしょうか?

それにしても、紗絵子さん、あんなにチョコ食べても太らないのは羨まし〜いです。

キャストもバッチリで、石原さとみさんのファンも増えているようですね。
CMで彼女の笑顔を見る機会も増えました。

posted by Nae-ma at 19:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

ハイアーセルフに会う

人気のセッションに、ハイアーセルフに会いにいくというのがあります。

ハイアーセルフって何?  ですよね。

色々と説明しても、体験していただくのが一番なのですが、
やはり解りやすく言えば、高次の自分(まんまですね)です。

物質的、感情的な人間の部分にとらわれない、純粋な意識・・・
ハイアーセルフで検索してみたら良い説明文に出会えるかもしれませんよ。
挑戦してみてください。

ハイアーセルフにあってどうするの? 

先ず、エネルギーを感じていただきます。
本来の自分である、エネルギーです。

それは、暖かかったり、エネルギーが押し寄せて鳥肌が立つような感じだったり、
清々しい感じ、ほっとするような、または 温泉に浸かったような感じだったり・・・???
ということは、人によって受け取り方が違います。

ハイアーセルフはあなた自身の情報を持っていますから、
上手くいかないことや、解らないこと、迷っている事が解決するような、
アドバイスやヒントがもらえることがあります。

でも、安易に答えを得た場合、その人が依存してしまったり、
その人の成長を阻害してしまう場合などは、教えてくれない事もよくあります。

ただ希に、ハイアーセルフに会いに行っても、会うことができない事もあります。

それは、ハイアーセルフに会いにいく前に、やるべきことがある場合です。
もちろんそれは人によって違いますので、それを探っていくのも必要なステップです。

また、催眠に入りにくい方の場合、なかなか上手くいかないこともあります。
情報を受け取っているはずなのに、こんな風に考えてしまうからです。
『これは、自分の頭(エゴ)が作り出しているに違いない。』

その頭意識を手放してくださいね。

頭意識と言えば、催眠中に顕在意識が働いてしまうことはよくあります。
例えば、数字や場所の名前を聞いた時など、計算したり、自分の持っている知識と
照らし合わせたりして、違和感を感じるときなどです。

過去生で当時の自分の年と年代が合わないときや、いくつもの地名や年代が出てくるので
混乱してしまうこともよくあります。
でもその時は、あまり気にしないで受け取った事をそのまま出してください。

理由は私にはまだよくわかりませんが、本当は年代、地名などを聞く必要はありません。
数や地名は単なるアクセサリーの様なものです。

取り外してしまえば素のあなたです。
終わってから、あなた自身が整理しやすいように、本来は大雑把で良いのです。

その人生が今のあなたにどう影響を与え、何を教えてくれているのかが大切です。

個人的なやり取りがとても多いので、このブログではハイアーセルフのセッションの記録は
あまり載せていませんが、実は過去生、インナーチャイルドと共にとても人気がある
セッションです。

本当のご自分に、是非会いに来てください。



posted by Nae-ma at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

今日は泣くことが許される日

今日は日本橋で開催された自主上映の映画を見に行ってきました。

『かみさまとのやくそく』
42cc9e09e7d6ae2b8cade4a64e296367.jpg

映画の紹介広告の裏にある、サブタイトルのようなものが、
『今日は泣くことが許される日』です。

ヒプノでは7割くらいの方が泣かれるのですが、うるうるから号泣まで・・・
大人って、なかなか泣けないですよね。
泣きたい時は、お酒の力を借りたり、お風呂の中とか、映画の大音響に紛れて泣いたりして。
ましてや子供の前では泣けないものです。

ですから、ヒプノを受けて自分と向き合って、自然と涙がこぼれてくる。
その時間を大切にしていただいています。

さて、映画のお話です。
2時間のドキュメンタリーですが、時間はあっというまに過ぎていきます。

横浜市の産婦人科医、池川明先生のお話を中心に展開していきます。
子供たちに関わっている方々、前世を研究している方、対話士さんのお話。

子供たちが、胎内にいたとき、そしてお母さんを選んだとき、
もっと前の雲の上にいた時のことを生き生きと話してくれます。

そして、多くの子供たちが、こう言うそうです。
『お母さんを助けるためにやって来た』

ヒプノで受け取ったことを、子供たちの口から直接聞くことになりました。

胎内期、中間世、そしてかみさまのところにいた時のこと、
そして、赤ちゃんと接するときに覚えていてほしいことなど、情報満載です。
子供たちのキラキラした目が印象的です。

今子育て中のお母さん、将来赤ちゃんを迎える女性、男性共に
是非見ていただきたい映画です。

今子供達と関わりがない方には、大人になっても自分の中の子供
『インナーチャイルド』を癒す事が出来ることを教えてくれます。

頑張りすぎている自分、我慢し続けている自分を認めて、いたわってあげる。
いつの間にかガチガチに固まってしまっている肩や背中、そして心を緩めてあげる。

泣くことが出来ることは、本当は幸せなんだと思います。

そして、身体に入る前の魂の記憶、この人生でやりたいことでワクワクしていた気持ち、
そんなことを思い出させてくれるかもしれません。

次の自主上映会は2月15日土曜日です。
詳しい内容、お申し込みはこちら  ビジョンネットVision Net 

     『第0回 母と子で一緒に楽しむ映画祭』
      2014年 2月15日 土曜日 10時〜
      映画は同時に3本上映されます。
      @『村上和雄ドキュメント 遺伝子が目覚める瞬間』
      A『1/4 の奇跡 〜本当のことだから』
      B『かみさまとのやくそく』

もしこの映画祭に興味がある方がいらしたら、この上映会の主催者 Vision Netの
上原一徳さんのブログを読んでみてください。
「哀しみの星 地球におけるビジョンネットの明るいビジョン」

母と子と書いてありますが、もちろんひとりでも、お友達と一緒でも大丈夫です。
必ず、事前にお申し込みください。



そしてまた、ヒプノを受けることによっても、インナーチャイルドを癒す他、
あなた自身の胎内期、中間世と今世の目的、貴方の知りたかったあなた自身を
見つけることができるかもしれません。

お子さんをお持ちの方、お子さんはあなたを助ける為にやってきたのかもしれません。

そしてあなた自身も、お母さんの為、人の役にたつために
ここに降りてきたのかもしれません。

実は、私自身もそんなヒプノ体験をしたことがあります。

posted by Nae-ma at 23:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

リトル本田

先日、ヒプノの師匠のブログで、サッカーの本田圭佑はインナーチャイルドの声を聞いている。
という記事を読んで、なるほどね〜と感心しておりました。

魔法使いの弟子 ヒプノ使いの日記

リトル本田とは、ACミランに移籍したサッカー選手・本田圭佑の心の中にいる何か。
8日、イタリア・ミラノの本拠地で入団会見を行い、その中のやりとりで使われた言葉です。

会見にはすべて英語で答えた本田選手は、ミランを選んだ理由について、
「心の中の“リトル本田”に聞いたんです。どのクラブでおまえはプレーしたいんだと。
 そしたら“リトル本田”がACミランでプレーしたいんだ、と答えたんです」
 と、心の中の何かの存在に後押しされてたことを明らかにしました。

《ことまとめ から》

心の声=インナーチャイルドの声をきちんと聞いて、受け止めて、それを大切にする。
それが彼の成功にも 大きく関係しているのかもしれません。

ところで、私の方は昨年の秋からなんだかとても忙しくなり、
お正月も両実家で嫁と主婦をして、松の内を過ぎたところで、
ちょっと休めよ〜と風邪をひきました。

風邪で動きが鈍ったものの、少しつづ予定は埋まっていきます。
よくひいているオラクルカードは、あるものを3回続けて出してきました。

『インナーチャイルド』のカードです。

20140113_220853.jpg

『仕事であくせくした深刻な生活環境から少し離れ、遊びの時間を取るように。
 そうしないと、インナーチャイルドはあなたに癇癪をぶつけたり、
 嫌な気分や憂鬱で気をひこうとするでしょう。』

心の声(ハイアーセルフ)はシンクロでメッセージを伝えてくることが多いので、
それに気がつくことが大切です。

こんな時、それに気がつかないで、ずーっと働き続けていたりすると、
急に怪我をしたり、病気になったりして、無理やり休みを取らせる方法に出ます。
ハイアーセルフの最終手段ですね(笑)

そのカードのことを、あまり真剣に考えていなかったのです。
PCとお友達だけど、ちゃんとゆっくりする日もあるし、
ご飯も食べてるし(作っているし)、電車で寝てるし(をいをい)・・・

でも 家族の世話、庭仕事、ご飯作り、掃除洗濯、できてないけど整理整頓、実家の世話、
私にとっては、それも全部仕事の部類です。
考えたら、身体のメンテナンスのスポーツクラブも行けていない・・・

その上、最近買う本、読もうとする本も、自分の仕事に関係するものばかりの様な気がする。
楽しみに買ってある本は全く手がついていない。
今やりたいことってなんだろう? と首をかしげてしまいました。

実は、インナーチャイルドのメッセージに、やっと気がついたのは新聞記事でした。
師匠のブログや、カードは、真剣に自分のメッセージととっていなかった・・・
というより見ない振りですね(笑)

東京新聞の一面『筆洗い』が目に止まっちゃったんです。
成人の日に寄せる記事でした。

さすが、超一流のスポーツ選手は、プレーだけでなく、
言葉でもしびれさせてくれる。
イタリアの名門チーム入りを果たしたサッカー日本代表、本田圭佑選手が先日、
移籍会見で口にしたひと言には、舌を巻いた移籍の理由を聞かれて、ひと言。

「簡単なことだ。心の中のリトル本田に聞いた。
おまえはどのクラブでプレーしたいのか、と。
リトル本田が、ミランでプレーしたいと答えた」

「ぼくは大人になったら世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる」
と小学校の卒業文集に書いた夢を、愚直なまでに大切にするその心。

スーパーゴールのような鮮やかな答えを聞き、思い出したのが、谷川俊太郎さんの言葉だ。

「大人」になるということは、どういうことなのか、大人と子どもの違いは何かと聞かれ、
 詩人は答えた。
「自分のうちにひそんでいる子どもを怖(おそ)れずに自覚して、
 いつでもそこからエネルギーを汲(く)み取れるようになれば
 大人になれるんじゃないかな」

どんな大人も百パーセント大人ではなく、必ず何パーセントかの子どもが含まれている。
自分のなかの子どもをきちんと見つめ、大切につきあえる。
それが大人だと、詩人は言う(『谷川俊太郎質問箱』東京糸井重里事務所)

きょうは、成人の日。百二十一万人が大人の仲間入りをするという。
自分の中の子どもとじっくり話すには、いい日だ。


そうです、それはインナーチャイルドです。

自分の内なる子供を自覚する。
そのエネルギーを汲み取る。

本当の意味での大人になるために。

どうやら降参です。
・・・とこんなふうにブログなんて書いてないで!

何か面白い映画やってるかな〜、
気になっている展覧会にも行きたいし。
本棚の片隅にある、上橋菜穂子さんの本も読みたい〜。

いやいや〜 どこかでホケ〜 としようかな・・・。

みなさんも、ご自分のインナーチャイルドの声、聞いてあげてくださいね。

posted by Nae-ma at 23:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

ボランティアソウル

さて最近不思議なことに、創始から地球にいらしている方お二人にお会いしました。

お一人は、前回の記事 遥かなる過去の物語 をシェアーしていただいた方です。
この方は、ご自分が古くから何度も転生しているのはご存知でしたが、
その目的については,今回始めて自覚されたそうです。

もうお一人はセラピーをされていて、宇宙語をお話しされます。
私も目の前で、私の故郷の言葉(宇宙語)をお話していただきました(≧∇≦*)

上の方から、エネルギーの様な情報が降りて来て、顔の両側で図形の様な、
数字の様なイメージが漂っていました。
なんだか、とっても懐かしい感じでした。

地球の黎明期からいらしている魂とはまた別に、最近地球に来るようになり、
始めて人間を体験する魂も沢山あるようです。

ドロレスキャノンの語るボランティアソウルたちの事です。
人間宇宙人起源説などに、アレルギーがある方は飛ばしてくださいね。

ドロレスキャノンは、アメリカの退行催眠療法家で、30年以上も退行催眠をしていて、
いろんなケースをたくさんの本に書いています。
昨年秋には、日本に初来日されています。

ドロレス式ヒプノは私がやっているものと少し違うようで、
つながる深さが違うのかもしれません。
QHHT(Quantum Healing Hypnosis Therapy)という名前がついています。

私も一度受けたことがあります。 
宇宙時代から地球時代にかけての、沢山の過去世が流れるように映像として見えました。

彼女の有名な理論に、3つの波に関する話があります。
インディゴチルドレンという言葉をご存知でしょうか?

動画 『インディゴの生まれ変わりと進化するDNA』から

インディゴの生まれ変わりには、3つの波があることがわかりました。

最初の波 は、現在40〜50代初めの人たちです。

第1波の人々はこの地球にいる事が好きではなく、暴力に耐えられないような人たちです。
彼らは故郷に帰りたいと思っていて、それでもどこに帰ったらいいのかもわからず、
ただここでないことだけはわかっています。

この人たちは、優しい心の持ち主で凶暴者ではありません。
だれも傷つけたくないと・・・思っているような人々です。

彼らは、ただここにいるだけで変化を起こすような人たちです。
彼らは、私たちの中で普通に生活はしているのですが、
ここが自分たちの居場所ではないと感じるので、とても生き辛い人生を送っています。

彼らは良い家庭を持ち良い仕事をしているのに、故郷に帰りたいと思っているのです。
若い頃に自殺をはかってしまった人がいたのも特徴で、
ここでやっていくことが大変だったからなのです。

彼らは・・・ここはあまり好きではないけれど、とりあえず自分の役目を果たそう・・
と変わってきたということがわかってきたのです。

ですから、1匹オオカミのような存在であることが多いのです。
なぜなら地球で体験する感情問題はとても大変なものだからです。

地球は、大変試練の多い惑星なのです。
彼らにしてみれば、みんなよくこの地球に来てここでの生活を体験しようとするなぁ、
みんなよほど賢いんだなぁと思うわけです。
私たちは、感情と制限を体験しにこの地球にやって来たのです。
でも、それも人によってはとても大変なことです。

第2波 の人たち

今20代〜30代にかけての人たちです。
彼らのことを「アンテナ」「チャネラー」「ジェネレーター」と呼んでいます。
彼らは、また違う人たちです。
彼らには、第1波の人たちが体験するような問題をかかえてはいません。
彼らはなにをしようとも思わずただここに存在しているのです。

それでも彼らの身体から産み出されるエネルギーが、
彼らと行動を共にする人々皆に影響を与えるのです。
それが、どう世界を変えていくのか・・・と思うかもしれません。

彼らは、ただ自分の生活をこなし家で仕事をし、彼らはとても優しい性格の持ち主です。
たとえば彼らがモールを歩いたりスーパーに行くだけでも、
彼らに関わる人たちに影響を与えることが出来る人たちです。
彼らのエネルギーはとてもポジティブなものです。

第一と第2のグループの人たちは、子供を持ちたいとは思わない人たちです。
彼らは地球にやって来た時シールドのようなものをまとって来たのです。
彼らの多くが子供を持ちたくないと思う理由として、子供を持てば、
またそこにカルマが発生するからなのです。

自分の役目だけを果たしてさっさとここから立ち去りたいのです。
もとのところに早く戻りたいのです。
本当のボランティア精神を持って来たのです。

第3波 は、新しい子どもたちです。

みなさんこの子供たちのことは馴染みがあると思います。
彼らはこの世のプレゼントとして現れた人たちです。

彼らは、また違っています。彼らのエネルギーが違うのです。
かれらは既に沢山のことがわかった状態でやってきているのです。


思い当たることがある方は、3つの波の中のいずれかかもしれません。
私もあまりにも生きづらい時があったので、第一の波かと思っていましたが、
そうではありませんでした。

まぁー ほとんどの現代人は宇宙由来の魂ですから、
いつ来たか? という問題ですけどね(^_-)-☆

日本では一冊だけ本が出ています。
『この星の守り手たち』ナチュラルスピリット刊 

 
その他にも沢山の動画がユーチューブにアップされています。
興味のある方は Dolores Cannonで検索してください。
一部日本語もありますし、興味があって英語が解る方は、とても楽しめると思います。

プロジェクトキャメロットの日本語インタビュー記事はこちら
インタビュー原稿 ドロレス・キャノン−入り組んだ宇宙 2010年4月


posted by Nae-ma at 18:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

アバンダンス♡

2014年 新しい年です。
今年やりたいこと、なりたいもの、心に決めましたか?

すべての方が頑張りすぎず、自分らしく生きられます様に。
ヒプノを通して、少しづつ自分をとり戻す、
そんなお手伝いをさせていただけたら♡と思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

突然ですが・・・
アバンダンス プログラム(Abundance Program)のお誘いです。

以前アバンダンスプログラムのお話をしたことがあります。
フラワーエッセンスを飲んでいる方はよくご存知だと思います。

エッセンスを使って豊かさを得る22日間のプログラム、
アヴァンダンスプログラムをご存知ですか?

具体的な豊かさ(お金、仕事、愛情、欲しいものなど)を目標に据えて、
フラワーエッセンスとアロマを使ってワークします。

半年以内!?に具体的な豊かさが欲しい方、是非アヴァンダンスプログラムの
恩恵を受けてみてください。
もしかしたら、あなたの投資の何百倍も豊かさの恩恵が戻ってくるかもしれませんよ。

パシフィックエッセンス アヴァンダンス プログラム
ネイチャーワールドさんの説明は こちら アヴァンダンス プログラム20131031_132347.jpg

プログラムの中では、自分だけの天使に会うワークがあるのですが、
付属のCDだけの誘導で会いにいくのは、なかなか難しいようです。

プログラムやってみたけれど、エンジェルに会えなかったし、
言葉ももらえなかったという方がいらしたら、
ヒプノで誘導して会いに行く。 そんなセッションもできます。

新しいことを始める時は、新月や自分の誕生日など、
何か区切れ目にスタートすると動きやすいと言われます。

2013年の誕生日に始めた、アバンダンスワーク22日+余韻の22日=44日は
12月12日に終了いたしました。

今回は、自分の大きな一歩=サロン開設の時期に当たっていましたので、
今後につなげる為の豊かさを念頭においてやりました。

その期間では、お陰さまでコンスタントにモニターしていただける方が
いらっしゃったり、ヒプノに対してもある程度の手応えを得る事が出来ました。

そして、新たな面白いワークを見つけたり、懐かしい仲間が集ったり。
とても有意義な期間でした。

他にも、素敵なコンサートにお安く割引で誘ってもらったり。
最後は、五千円の商品券が当たりました〜。

私はずぼらなので、エッセンスを飲み忘れたり、ワークをする時間がなくても気にしませんが、
日本人の几帳面な性質なのか、22日間続ける事自体が困難な方が多いそうです。

そこで、アバンダンス歴10年(笑?)、4回完走実績がありますので、
一緒に走る方をフォローするプログラムを作ってみようと思います。

一日目は2013年1月31日、新月です。
その日まで、心と体?の調子を整えて(=完走しますと宣言するだけ)、
アバンダンス用キットを入手して頂ければ準備OKです。

ワークの22日以降、44日完了前にはヒプノにて誘導も可能です。
やりたい方はお知らせください。

みんなでやれば心強いし、ワークのコツや毎日のヒントをお知らせします。
これは実験なので、ただメルアドを教えていただくだけでできますよ(無料)
最初はお得なんですね〜それもひとつの豊かさを受け取るということかな?

一緒に豊かさを得るワーク、挑戦してみませんか?




posted by Nae-ma at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

転生

こんにちは。

ここに来てくださった貴方は、なんとなくヒプノに興味がある、
どんなものなのか、怖いもの見たさ・・・
そんな方もいらっしゃると思います。

今日は転生について考えてみたいと思います。

人の転生回数は平均500回とおっしゃる方がいます。
何千回、何万回とおっしゃる方もいます。

不慮の事故で亡くなった方、小さい頃に逝ってしまった場合等は、
比較的にすぐ転生されると言われています。
こんどこそ〜! と意気込んでやってこられるのでしょうか?
もともと理由があって、ここに居る訳ですからね。

最近聞いた中では、第二次世界大戦中になくなった経験を持つ方が3人いました。
つまり、10年から20年位で、今回生まれ変わっているということです。

過去世を見に行く場合、ヒプノでは、特に指定しない限り、
いつの転生にもどるかわかりません。

一番大切なのは今のあなたです。

ですから、今のあなたの人生がより良くなるために、見る必要のある前世に戻るからです。

もしも100回ある転生を見に行くとすると、毎日やっても100日かかるわけですよね。
それに今に直接関係する前世ばかりとは限りません。

人間の転生を端的に表現したのが、今年の春の映画『クラウド アトラス』ですが、
人物相関も複雑だし、奇抜なのであまりヒットしませんでした。
私はとても楽しめました。
映画を見るときは、人物相関図を少しネットで予習してからの方が良いかもしれません。
人物相関図
ある方の解説

男優がメイクや服で、無理やり女性になったりと、時代、人種、性別も変わるため、
身体の特徴を変えるのは、映画ではちょっとムリがありますが、
生まれ変わる度に、ときには心優しく、時には殺人鬼にもなる。

男になったり、女になったり・・・被害者になったり、加害者になったり。
それも自分の家族や友人たちと、何度も一緒に転生して関わりを持っていく。
そんな風に何度も何度も巡り合って、立場が入れ替わり、時を進んでいく。

その中で人間が少しづつ進化していく、というプログラムの中に居るのだと思っています。

ところで、私の転生回数は27回だそうです。
これは、私のガイドさんとお話出来るヒーラーさんにお聞きした回数です。

そのせいか、私の過去世は、開拓前のアメリカインディアンとか、
古代、中世のヨーロッパとかが多いような気がします。
未だ日本での人生は出てきていません。

転生回数少ないから、コースを受けたら、結構把握できるかも! 
というのが、実はトレーニングコースを受けた動機の一つでもあります・・・(´▽`)

ですから、違う時代に飛んで、その時はハゲのおじさんかもしれません。
CMに出てくるような金髪碧眼の少年かもしれないし・・・

どんな方が出てきても、びっくりしないでくださいね。
一つ一つの人生には、必ず意味があります。
そして、あなたの『今』につながっています。
それを掘り起こしていくのがヒプノセラピーです。

posted by Nae-ma at 08:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

アバンダンス4回目終了しました

2013年11月20日

年内は12月23日祝日まで受け付けております。

☆*::*:☆MerryXmas☆:*::*☆

クリスマス直前のハッピーマンディも
ヒプノセラピーの予約お待ちしております。

新しい年へ向けて、どうぞご活用ください。

          ☆ ☆ ☆ ☆

エッセンスを使って豊かさを得る22日間のプログラム、
アヴァンダンスプログラムをご存知ですか?

具体的な豊かさ(お金、仕事、愛情、欲しいものなど)を目標に据えて、
フラワーエッセンスとアロマを使ってワークします。

本日パシフィックのアヴァンダンスプログラム終了いたしました。
22日間の体と心を使ったワークが終わって、そしてまだ22日間動き続けます。
さて、これからの22日間に何か起こるのでしょうか?
ワクワクします(o^^o)

アヴァンダンス プログラムでは自分だけの天使に会うのですが、
付属のCDだけの誘導で会いにいくのは、なかなか難しいのでは??

プログラムやってみたけれど、エンジェルに会えなかったし、
言葉ももらえなかったという方がいらしたら、
ヒプノで誘導してみたらどうでしょう? お手伝いいたします。
そんなセッションも、なかなか面白そうだと思いつきました。

過去生、インナーチャイルドだけじゃない!
自分だけのエンジェルに会いに行きたい方。
面白そうでしょ?

半年以内!?に具体的な豊かさが欲しい方、是非アヴァンダンスプログラムの
恩恵を受けてみてください。
もしかしたら、あなたの投資の何百倍も豊かさの恩恵が戻ってくるかもしれませんよ。

(注)アヴァンダンス プログラムのおすすめをしても、私には何もマージンは入りません。
   あなたにも現実的な豊かさを分かち合って欲しいです〜。 それだけですよ。

パシフィックエッセンス アヴァンダンス プログラム
ネイチャーワールドさんの説明は こちら アヴァンダンス プログラム20131031_132347.jpg

今回は、実は生涯で4回目のアヴァンダンス プログラムでした〜ぴかぴか(新しい)
大きな変化が欲しいとき、誕生日のタイミング、新月など、
思い立って何かを始めたいとき、変化が欲しいときにおすすめします。
posted by Nae-ma at 18:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

ハイアーセルフに会う

インナーチャイルド、サブパーソナリティ、過去生などの他に
ハイアーセルフに会う、というセッションがあります。

ハイアーセルフって何? 

聞きなれない方も多いかもしれませんね。
「自分の中の叡智の部分」
「高次の自分」
「本来の自分のブループリントに近い意識の部分」
「神とつながっている自分の部分」
「自分のことはなんでも知っている部分」

考えつくままに挙げてみましたが、実はみんな『自分』の一部なのです。
でも、自分のピュアな意識にしたがうのは、なかなか難しいですよね。

よく人間には、天使と悪魔がついているなんて言われますが、
子供のまんがにも、こんなシーンがよくあります。

夕暮れの帰り道、ふと足元を見ると百円玉が落ちていました。
周りには誰もいません。
それを拾って、ポケットに入れようとします。

ところが、自分の左肩にふと天使が現れて、
「それは、おまわりさんに渡したほうが良いよ。」
しかし、右肩には悪魔が現れて、
「誰も見てないから、ポケットに入れちゃえば。お菓子やジュースも買えるよ。」

かなり、大雑把な言い方になりますが、その天使のような者が囁く声、
それはハイアーセルフから、と思っても良いのではないでしょうか?
悩んでいる時に、ふとした瞬間ひらめいた解決策やヒント、テレビからの必要な情報。
それらはハイアーセルフからのメッセージかもしれません。

人間には、守護天使が少なくとも2人ついていると言われますが、
天使は、人間に頼まれてお仕事をしてくれると思っています。
それはまた別の機会に・・・

ハイアーセルフは、常に自分とともにいる《はず》なので、いつでも
コンタクトが取れるのです。

でも、今の私たちは成長するうちに、色々な価値観にさらされ、影響されて、
様々な損得計算を瞬間的にしたり、サバイバルの知識がうごきだします。
そうすると、ハイアーセルフのかすかな声も、かき消されてしまうのかもしれません。
それでも、潜在意識にアクセスすると、ハイアーセルフに会うことができます。

ハイアーセルフが映像で現れる時の姿は、その人の価値観に影響されるようです。
例えばキリスト、マリア、仏様、観音様、賢人、長老風のイメージ、または動物だったりもするようです。
毎回変化することもあるし、同じイメージで出てくることもあるようです。

私も何度かハイアーセルフに会ったことがありますが、私の場合は形がなく、
光だったり、エネルギーだったり、単に空気感が違うだけだったりしました。
ハイアーセルフは、今の自分より高次の存在ですから、そのエネルギーに触れるだけで、
癒されたり、気づきがもたらされたりします。

そして、必要だったら質問に答えてくれることもありますが、
答えを受け取る事が、その人の成長を阻害することがわかっていたら、
もしかしたら、黙って笑っているだけかもしれません。

わたしも、よくこんな風に言われてしまいます。
「そのうち、分かる。」
「まだ、内緒。」
「今は知る必要がない。」・・・( ̄□ ̄;)

でも本当に必要なことなら教えてくれますし、または日常生活において
気づきがもたらされます。 

ある方のセッションでは、いつもは姿を見せてくれるハイアーセルフが、
エネルギーで現れた事がありました。
少し戸惑っている彼女に向かって、ハイアーセルフはこう言いました。
「形がないと不安に思うか? 
 形に囚われたら、良くない。 形がなくても愛がある。
 愛を与えなさい。」

そのセッションでは、物質的よりも精神的に与えることに関して、
メッセージを受け取るセッションでした。 
その事を受け取ってもらう為に、ハイアーセルフは最初からエネルギーで現れてくれました。

こうして、どのような形で現れるかにも、とても意味があることが分かり、
あらためて、潜在意識の賢さに驚きました。





posted by Nae-ma at 11:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

見えるの? 感じるの?

前回の記事『書道家インナードクター』を体験されたのはとても良く見える方でした。
まるで目の前で映画を見ている様に、聞くと細部までスラスラと答えてくださいます。

でも、ちょっと待ってください。
みんなが皆、見えるとは限りません。
私などは、日によってはまったくぼんやりとしか見えず、
質問には、漢字の単語がポン! って頭の中に出てきたりします。 

映像について答えていても、実はほとんど見えていないのに、青とか、芝生が綺麗です、とか、
受けている印象が言葉になって、口から出てくることが多いのです。

そして私の場合、だんだん時間が経ってくると、加速がついて出やすくなることが多いです。
つまり、スロースターターなのですね。
ですから、最初はまったく見えないので、焦ります・・・
でも適当に何かを口に出してしまえ! 乱暴なようですが、これが大事なのです。

『感じていること、起こっていることを、無責任に口に出してください』
セラピストのこの言葉。 これが成功の秘訣かもしれませんね。
どうぞ、なんでも良いです、妄想でも、気のせいでも、なんでも出しちゃってくださいね。

さて、ハイアーセルフ、サブパーソナリティー、インナードクターなどなど、
様々な形、性別、服装で登場されます。 

私の場合、インナードクターは大体、130センチ位の白ひげお爺ちゃんです。
ここのところ、そういう格好で登場されますが、今後は変わる可能性もあります。

そのセッションに、重要なテーマを体現する形態で現れることも多いのです。
潜在意識は、そこまでアレンジするのですね。
今回は、和の心を体現してくださる、印象の強い書道家の姿でした。




posted by Nae-ma at 19:09 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

私とヒプノ 2

皆さんは自分の今世の目的をご存知ですか。
そうです。 私とヒプノ@の本のタイトルに当たるものです。

私はヒプノでハイアーセルフにあって、始めて知りました。
私の場合は『愛、宇宙、光になる。』

うーん(。-_-。)意味がわからない。
そんな感じでした。

ヒプノでハイアーセルフから受け取る今生の目的は
とてつもなく大きい事が多いらしい・・・確かに。

例えば、『愛を与える』『自由になる』『楽しむ』等々
漠然としていて、よくわからない。
具体的に、こうして、ああして・・・というよりは
とにかく、それを体現するのを究極の目的にして、この地に降り立った。
こんな感じでしょうか。

実際の生活では、今の自分の状況によって、小さな目標がたくさん立っていて、
今この時は、その目標を一つひとつクリアしていくことが必要です。
それをクリアしていくと、究極の目的にたどり着く。
スーパーマリオみたいですね。

一生懸命足元を見つめて山を登っていると、急に視界が開けてもう頂上だったりしたら、
嬉しいですね。
でも、その小さな目標(これはハードルかも)を目の前にして、先伸ばしにしたり、
人や物に必要以上に頼ったりしたら、なかなかそこをクリアしていくのは難しい。
ジタバタしているうちに、どんどん時間が経ってしまいます。
じゃあ、目標にたどり着けないから、次に持ち越し〜。

私の過去の人生はそんな感じだった気がします。
でも今は、手助けしてくれる、気づかせてくれる、そんなお助けグッズがたくさん有ります。
今、自分は何をしたら良いのかわからない、どちらを選べば良いのか迷っている、など
そこで立ち止まっている時に、背中を押してくれると思います。
そのたくさんのお助けグッズの中の一つが、ヒプノだと思います。

最終的にこの世を離れるとき、魂は全体を見渡すのでしょう。
目的達成度は何%かな?
この人生の課題はクリアしたかな?
この人生で得たものは、なにかな? 
やり残したものは?
そうした振り返りをするのだと思います。

実際、過去世に退行して死に移行した時に、催眠中に色々と聞いてみると、
肉体を離れただけでそうしたことが解ったりします。
そしてなにより大切なのは、その理解が今ここで人生を送っている自分への
メッセージや、エールになっていることです。

ヒプノでは、今の自分の課題に関係する前世に戻りますので、
何故、自分がある特定の問題に振り回されているのか、または悩んだりしている理由が
理解できることが多いです。

若い頃、私は結婚はしない、家族を持たない、長生きはしないと信じていました。
でも、過去生をいくつか振り返ってみると、そう思った理由も理解できます。
今世では、今までやってこなかった事を沢山経験する計画のようです。

そして、特定の場所(私の場合はヨーロッパの国々、アメリカ)
に惹かれたり、それらの土地に縁があったり。
好きな食べ物から、趣味、苦手なもの、こと、怖いもの。
自分の身体の弱い部分、傷、あざなど。
色々な事が、理解できて納得できるようになりました。

そうして、今私がここにいるのは偶然ではないことを確信し、過去世を見たり、
自らの色々な部分と会話することで、自分の事がだんだん解ってきて、とても楽になりました。

問題があれば理由が有り、そしてそれを解決する方法があるはず、少なくとも楽になる方法が
あるはずだと、確信できるようになりました。

希望があれば、勇気も、元気も、気力も出てきますよね。

過去世があるように未来もある、そして今の自分がまた未来に続いている、
人間は肉体だけの存在ではないことを、自分の体験として理解できました。

『希望』人はそれを胸に抱いて、この世に降りてくるような気がします。
様々な素敵な目的を持って、希望とともに降りてくるのです。

posted by Nae-ma at 21:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私とヒプノ 1

セラピストとしては、まだまだ未熟ですが、今まで催眠で学んだ事、感じることを
少し書いてみたいと思います。
今の私の感想なので、これから考え方も変わっていくと思いますが、
よろしければ少しお付き合いを・・・

手元に本があります。
その本はある人の人生を表しているとします。
装丁が美しい本、分厚い本、小さくて可愛らしい本など、
本屋さんには色々な本がありますよね。
そこには写真が載っていたり、イラストがあったり、詩が書いてあるかもしれません。

表紙のタイトルは、もしかしたらその人が今世に降りてくるときに決めた
目的やテーマなのかもしれません。
そして、中はたくさんの章に分かれていて、一つひとつがその人のある時期に取り組むべき
テーマだったり。

それらの本は手にとったとき、終章まで書かれているのだけど、人間の自由意思によって
だんだん内容が変わってくる事があったりして。
最後まで読み終えて、本を閉じると、もしかしたらタイトルも
少し変化しているかもしれません。

生まれつきのハンデを持って、大人にならずにこの世を去っている人は、とても美しくて
薄いけれど、人々の印象に残る『愛を与える』というような素敵な本なのかもしれませんね。

もっと大きな視点で見ると、一つの魂は何巻にも分かれていて、大全集だったりして。
大きな流れの全集の中、書物の一つ一つが、一つの転生になっていて、それぞれ題名があるのでしょう。

もしそのタイトルが
『人を許す』だったら、その人の前半生は人に裏切られる辛いものかもしれません。
『愛を与える』だったら、否応なく愛を与える流れになると思います。

でも、その人が必要な試練を超えて行くことを前提に、書かれているはずです。
なぜなら、自分がそれを決めてきているからです。
それも、必要なら知る事ができます。

今の私にとって、人生を本に例えるとこんな感じです。
ちょっと、こじつけかもしれませんね(´∀`*)

これらは ヒプノセラピーの参考になりそうな書籍です
日本の奥山医院さんが出していた本は、大変わかりやすいのですがもう絶版のようです。
HPに情報が沢山載っています。参考まで

生きがいの創造 飯田史彦
51ZMqoly2zL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_[1].jpg
前世療法 ブライアン ワイス
217ECDEMVCL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click-small,TopRight,12,-30_AA300_SH20_OU09_[1].jpg
転生の秘密 エドガーケイシー
4190FVZJ44L._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_[1].jpg



posted by Nae-ma at 19:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

初めてのヒプノ

始めてヒプノを受ける時。
ワクワクします、ドキドキもしますね。
そしてもう一つ、このブログの例みたいに、ちゃんとでてくるかしら?
見えなかったらどうしよう・・・その不安がかなり大きいと思います。

私もそうでした。
私は感覚&視覚タイプです。
最初に受けたのは誘導瞑想でしたが、なかなか見えませんでした。
でも最終的には、ちゃんとインナーチャイルドと会うことができました。
次は、前世に関してヒプノのミニセッションを受けました。
それからいくつものセッションを受けましたが、導入部分は未だに苦手です。

私は一応視覚タイプだと思うのですが、入りたてはどうやら感覚が優位の様子。
最初の場面はとても大切なことが多いのですが、何が何だか理解不能の出だしが多いです。
ぼんやりとした場面しかわからないんですよね。

「自分は・・・うーん、子供のような感じ」とか「どうやら・・・膝まづいている感じ」
「周りがざわざわしている???かな?」
この程度しか出てきません。

慣れてきたら、はっきりと見えてくるかと思ったら、未だに最初の場面はよくわからなくて、
いつも ???と止まってしまいます。 
その解決策は!
とにかく口に出してみることです。

頭が動き出す前に、感じること、分かること、見えるもの、受けている印象などなど、
とにかく「これ つじつま合わない、おかしい。」とか「こんなのありえない。」
なんて考える前にとにかく言ってみることです。

「寒い感じがします」「手が痛いです」「足が濡れているみたい」「悲しい」
視覚、聴覚、感覚、感情、触覚、雰囲気、居心地、
それらは色だったり、音だったり、痛みかもしれません。

なんでもいいですから、拾い上げていきましょう。
すると少しづつ出てきます。 そしてつながっていきます。

ぼんやりとした輪郭でも、光でも、なんでも良いからとにかく口にしてみる。
そこから始まります。

私の場合は、あとから考えても、最初の場面が理解できないこともよくあります。
もちろん全て終わってから、始まりの部分を理解するなんてこともしばしばです。

「もう少しはっきりしてから言おう。」
なんて考える前に口に出してしまいましょう。
せっかく自分と向き合う大切な時間、有意義に使いたいですね。

そしてもう一つ、自分の身体をリラックするする練習も役に立つと思います。
寝る前に意識的に両足から、または頭の先から力を抜いてリラックスしていく練習をすれば、
よく眠れるようになるそうですし、催眠にも入りやすくなります。
まず、ガチガチに固まっている肩や首に気が付いたら普段から緩めてあげてくださいね。

posted by Nae-ma at 10:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。